契約書は単に契約内容を書くだけではなく、別紙を添付することがあります。
これは仕事を進める上で、知っているべき情報です。

「かんたんな契約書」は過去のものになりつつある

契約書の作成をお願いされるときに
「契約書は形式的にペラ1でいいですから」
と言われることとがあります。

現在では、その「かんたんな契約」は過去のものになりつつあります。

「コンプライアンス強化」という言葉がどこの言葉でも聞かれるようになりました。
それは「法令を守る」という意味ですが、
法令そのものを強化する意味合いでも使われるようです。

契約書には細かな規定を記すだけでなく、
資料として別紙が使われることも珍しくなくなりました。

契約書は仕事のマニュアルとして使いましょう

別紙に書かれる内容は、さまざまです。

ソフトウェアの開発であれば、別紙で仕様書を添付することがあります。

講師の業務委託契約書であれば、取材の方法、授業の始め方、授業後の対応などが書いてあります。

契約書が厚くなっていくことについては、私は、これはかえって良い傾向であると思います。

契約内容が厚みを増し、別紙までついてくると、
契約書は単なる契約の合意に関する記念碑ではなく、
契約締結後も仕事で積極的に参照していく資料となるのです。

仕事に関わる人にも読んでもらおう

契約に携わった人以外の人にも契約の内容を知ってもらうことは、
仕事上でトラブルを回避するために役に立ちます。

契約の金額を見られたくないこともあるかもしれませんが、
なんとかコピペするなり工夫しても共有する価値があります。

納期がいつで、どのような納品をする必要があるのか。
話し合いに応じてくれそうか、そうでないのかは貴重な情報です。

さらに、別紙として当てられた資料で、
どのような仕事をの進め方をするかを共有しておくと、
仕事がやりやすくなるはずです。

機密情報は、契約書より実行が大事

また、機密情報の取り扱いを全員で共有する意義も大きいと考えます。

契約者とエンジニアは別な場合が多いです。
エンジニアはどの情報が機密情報であるかを把握していないときがあります。

この状態は危険です。

エンジニアも悪意があって機密情報を漏らそうとしてはいないでしょうから、
契約書を読んで理解してもらいましょう。

機密情報を実際に取り扱うのは、現場の人達です。

別紙も契約内容の一部です

ちなみにですが、別紙を契約書と一緒に閉じた場合、その別紙も契約内容に含まれます。

別紙を修正する必要が出た場合は、契約内容の変更になります。

部分的に修正してお互いの印鑑を押す方法でも法的に認められていますが、
私は契約書の作り直しをおすすめします。

契約書作成についてご相談があれば、坂本倫朗行政書士事務所までお問い合わせください。
チャットからのご相談も承っております。(初回相談無料)