契約書について、どちらが先に押印するのかについては、特に決まりはありません。

契約締結を早くできる順番はあります。
見本をメール等送って確認してもらい、内容にOKをもらったあと、
契約書を作成した者が先に捺印して、相手方に送り、相手方が捺印して1通だけ送り返してもらうのがスムースではないでしょうか。

この流れがスムースになるように、返信用封筒に住所を書き、切手を貼って同封しておきましょう。

金銭の授受があるとき

ただし、金銭の授受があるときには、金銭を受け取る側が先に捺印したほうがよいです。
まだ相手が金銭を受け取ってないのに、先に捺印するのはおかしいですよね。

その場合は郵送でなく当事者が金銭を授受するときに顔を合わせて捺印したほうがいいです。

 

 

契約書についてご相談があるときは、坂本倫朗行政書士事務所までお問い合わせください。
チャットからのご相談も承っております。(初回相談無料)