契約書をパソコンで入力するのを不安に覚える方もいらっしゃるかもしれません。

大事なのは署名と、捺印・押印です。

署名捺印の場合の有効性

すべてを手書きにしなくても、契約書の末尾にある署名欄に、自筆で署名し、捺印すれば法的に有効です。
署名については、筆跡鑑定をすれば本人のものとみなすことができます。
署名とは手書きでサインすることです。
捺印とは、署名に加えて印鑑を押すことを言います。

押印の場合の有効性

また、あらかじ氏名が印字されてあったとしても、押印すれば有効です。
署名捺印より本人であることの確実性はさがりますが、有効と推定されます。

民事訴訟法第228条に、以下のようにあります。

民事訴訟法第228条 文書の成立
第4項 私文書は、本人又はその代理人の署名又は押印があるときは、真正に成立したものと推定する。
「推定する」とは、法律関係や事実関係をもとに一定の判断をくだすことを言います。
法的に有効として契約の履行を求めることができるということです。

契約書をパソコン入力しも大丈夫です

現在では、ほとんどの契約書がパソコンで作られています。
名前と印鑑が有効性を決めることを知っておいてください。

契約書についてご相談があれば、坂本倫朗行政書士事務所までお問い合わせください。
チャットからのご相談も承っております。(初回相談無料)