契約書にサインをするときのペンの色

契約書に署名(サイン)をするときの色は、法的には特に決まりはありません。

常識的には、日本では黒色です。でも可です。
欧米だと、を使う方が多くなります。

どんなペンでサインをするか

調印する場合や、対面でサインを書く方は、
万年筆でサインしている方が多くいらっしゃいます(私は調印式に出た経験はまだありません)。


ZenZoi カリグラフィー用万年筆・インクセット

人前で契約するのなら、万年筆ではなくても、
ボールペンでちょっと良いものにすると、信頼感が増します。


クロス CROSS タウンゼント アップデート

すくなくとも、どこかのイベントでもらったような、
企業名や製品名が印字してあるボールペンを日常使いするのはやめたほうがいいと思います。

モノから作り出す所作について

自分では気にならないこそ、そのようなボールペンを使っているのかもしれません。
商売をしている方は、そこで足元を見られてしまいます。
所作や、小物など、見る人は見ています。

いいものを持つと、丁寧に扱うようになります。
全体的に丁寧な人になります。
そのような丁寧な人と付き合いたいという人がいるのは確かです。

生活水準が高いほど、それらに価値を置く人は多いのです。

ということは、丁寧にならなければ、仕事の単価は上がりませんね。

何十万もする時計を一つだけ買うのは私は否定的です。
丁寧な所作が身につかなかったら意味がありません。
それより、丁寧に扱いたいと思うものをいつも見に付けておくことが大事だと考えます。