契約書の構成について

契約書は、一般的に以下の構成で出来上がっています。

  • 表題:契約書のタイトル
  • 頭書き:契約金額、契約期間など
  • 前文:契約の当事者、契約の経緯
  • 本文:契約の条文
  • 後文:作成した契約書数、契約締結の旨、契約書の保有者
  • 日付:契約書の調印日
  • 署名・捺印:契約当事者の住所氏名(会社の場合役職)、実印による押印

この通り書かなくてもいいんですが、
契約書は型にはめて書いた方が、「どの契約書でも必ず書くべきこと」と、「この契約に限り書く必要があること」を分けやすいのです。

前文?頭書き?

前文とは、

(委託者)〇〇〇〇(以下「甲」という。)と(受託者)●(以下「乙」という)は、xxの保守に関し、以下の通り保守契約(以下「本契約という」。)を締結する。

といったようなものです。
ここには、契約の当事者が誰であるかと、契約の概要は何かといったことなどを記します。

それに対して、頭書きとは、英文契約書のHeadに当たるものです。
頭書きは英文契約書の、前文の一部です。

頭書きと前文をごっちゃにしているものが多いですが、
頭書きは、英文契約書に使われるものと考えた方がよいと考えます。

ちなみに、英文契約書の頭書きには、日本語の前文と違って、契約締結日、当事者名、本店登記住所なども表示されます。

契約書についてご相談があるときは、坂本倫朗行政書士事務所までお問い合わせください。
チャットからのご相談も承っております。(初回相談無料)