法律用語の基礎、相手方とは

2者間で契約を結ぶとき、もう一方の当事者のことを、法律では相手方(あいてかた)といいます。
ビジネス用語では先方(せんぽう)ということもあります。
もちろん相手方から見たら、こちら側が相手方になります。

2者間の契約の場合、契約書では「甲」「乙」の文字を使ってそれぞれをあらわします。
そうしないと、契約書が長くなるからです。

ほとんどの契約書においては、立場が強い相手が甲で、弱い方が乙になる傾向があります。
会社と個人で契約をする場合は、たいてい会社が甲になりますね。

個人間で契約書を作る場合は、相手方を甲にして、自分を乙にすることが多いです。
相手を先にすると、敬う気持ちが表せます。