離婚協議書作成サポート

離婚協議書を作成しておくメリットとは

離婚後に、お金やお子さんのことでトラブルを抱えることがあります。

場合によっては、元配偶者の家族ともめたりすることも。

離婚するときに離婚協議書を作っておくと、今後おこりえるトラブルを未然に防げます。

離婚協議書が、未来のトラブルを回避する盾になってくれるのです。

では、離婚協議書は、いつ、どんな風に作ったらよいのでしょうか?

離婚手続きの流れ

一般的な離婚は、次のように進めます。

できあがった離婚協議書を公正証書にしておくことを強く勧めています。

公正証書は必ず必要なものではありませんが、公正証書にすると、離婚協議書の内容について、法律的な強制力がより強くなります。

特に、お子さんの養育費については、その支払いについての取り決めを公正証書にしておくことが、お子さんを守ることにつながります。

お二人が離婚で話し合う内容

協議離婚では、基本的にお二人で話し合いを進めます。おもにお金のことと、子供のことを話し合います。

財産分与についてですが、婚姻中に築いた財産は1/2ずつが一般的です。
借金、退職金、住宅ローンはトラブルになりやすいのでよく話し合っておくことが必要とされます。

慰謝料の金額は、理由によって異なります。
慰謝料に相場はなく、ご家庭の収入やご事情によって金額は異なります。

養育費は、子供を第一に考えます。突発的に必要となった医療費なども考慮に入れておきます。

離婚協議書のサンプル


上のアイコンをクリックか、
右クリックして「名前を付けてリンク先を保存」
でダウンロードできます。
【参考】:http://rikon-legal.net/agreement/template.html

 ご相談を承ります。

以下の行政書士業務について対応しております。
・離婚協議書に漏れがないかチェックします。
・話し合いが終わったあとの、離婚協議書の書面作成を行います。
・公正証書の作成をサポートします。平日に忙しい方もご検討ください。

料金表※

面談によるご相談 9,000円(税別)
3時間以上~半日18,000円(税別)
事前にお見積りをいたします。
離婚協議書の添削 15,000円(税別)
離婚協議書作成の代行 40,000円(税別
公正証書作成サポート
(原案作成・公証人との打ち合わせ・公証役場への同行及び代理)
105,000円(税別)

※郵送ご希望の場合のみ、別途、実費・手数料がかかります。

相談料は無料です。お気軽にお問い合わせください。


お問合せ後の業務の流れ

相談料は無料です。お気軽にお問い合わせください。


投稿日:2017年12月17日 更新日:

執筆者:

所長の坂本倫朗(さかもとみちろう)です。よろしくお願いいたします。

所長の坂本倫朗(さかもとみちろう)です。
よろしくお願いいたします。

坂本倫朗行政書士事務所代表
行政書士・心理カウンセラー:
坂本倫朗(さかもとみちろう)
>>代表プロフィールはこちら

坂本倫朗行政書士事務所
TEL:03-6780-5050
FAX:03-6780-5252